フランキンセンス

フランキンセンスの使用方法等

歴史について


}PgžxQフランキンセンス(乳香)の歴史は非常に長く、古代からその木を直接火にくべて香りを立ち上らせる薫香としてもちいられていました。古代エジプト、オリエントなどでは、神殿で神に捧げる香りとして、フランキンセンスやミルラ(没薬)を焚いていました。当時は良い香りを放つものは非常に貴重で、黄金にも匹敵する価値があったと言われています。
聖書にもフランキンセンスは登場します。ベツレヘムの馬小屋で、イエス・キリストが誕生した時に、星に導かれた東方の三賢人がキリストを礼拝しにやって来ます。三賢人はキリストへの贈り物として、黄金と乳香と没薬を携えてきていました。さきほどのべたように、当時はとても貴重で価値の高いものだったからです。黄金は「偉大な商人」の象徴であり、没薬は「偉大な医者」の象徴、乳香は「偉大な預言者」を象徴していました。三賢人はどの贈り物をキリストが好むのか、試そうとしていました。イエスが実際に手にとり、気にいったのが、乳香(フランキンセンス)であったと伝えられています。イエスは偉大な預言者として、またこの世の救い主として地上に遣わされた存在なので、当然の結果であったと言えます。フランキンセンスは宗教儀式に欠かすことのできない香りとして、また非常に価値の高い商品として、長い間扱われていました。


コメントを受け付けておりません。