フランキンセンス

フランキンセンスの使用方法等

顔のくすみ、しみ、たるみ肌用のブレンドとは


デスク01フランキンセンスには、様々な美肌効果があります。肌細胞の再生を促進する作用があり、老化してしまった肌を活性化させるアンチエイジング効果があります。また、肌を引き締める作用もあるので、シワやたるみの改善や緩和にも効果的です。
また、精油は複数をブレンドする事でより相乗効果を得られます。例えば、相性のいいメリッサとのブレンドは感染症を防ぐ作用があるので、ニキビにも効果的です。キャロットシードは、フランキンセンスと同じように美肌効果で有名です。そんなキャロットシードとフランキンセンスのブレンドは、肌の血色を良くし、くすみを無くします。キャロットシードに、赤血球を活性化する作用があるからです。ローズマリーにも優れた収斂作用があるので、たるみが気になる方は、ローズマリーとのブレンドをオススメします。
この様に、精油にはそれぞれ素晴らしい作用があります。女性には嬉しい、くすみやしみ、たるみを無くし、若々しくて美しい綺麗な肌になるような効果もあります。さらに心地よい香りがしますので、リラックスやリフレッシュも出来ます。まだ使った事が無い方は、ぜひ試してみて下さい。きっと素晴らしい効果を実感出来るでしょう。


プレッシャーや緊張をほぐすブレンドとは


テーブルフランキンセンスの香りは若返りの香りとも呼ばれているほどで、種類としては樹脂系に分類されます。まるで森林にいるかのような香りで、リフレッシュしながらも落ち着く香りです。香りをかぐと呼吸を深くするとも言われ、赤ちゃんを産む陣痛時にも利用する人がいるほどなので、精神的にイライラした時に使うと効果的です。
このフランキンセンス、そのままでも精神を落ち着ける香りですが、より効果的に使いたいなら他の香りとブレンドしてみるのもおすすめです。比較的どんな香りとも合いますが、おすすめの相性もあります。例えば、スイート・オレンジのようなかんきつ系の香りと合わせてみると爽やかなかんきつ系の香りと落ち着いたフランキンセンスの香りがブレンドされ、リフレッシュしたい時に向いています。また、ラベンダーのようにフランキンセンス同様、呼吸を深くしてリラックスできる香りとブレンドすると眠る前の呼吸を深くして安眠を得たい人にも向いています。ラベンダーとフランキンセンスのブレンドは、アロマディフューザーなどで寝室に炊いておくと香りに包まれながら眠ることができ、疲れた時も深い呼吸をしながら寝ることができるので熟睡の効果も得られます。


インフルエンザか風邪の予防用のブレンドとは


}PgžxQインフルエンザか風邪の予防に効果的な精油があります。それは、抗菌作用がとても高いネロリや、ローズオットーをブレンドすることです。ディフゥーザーに入れて使ったり、お風呂で湯船に落としたり、リネンウォーターとして使用することもおすすめです。また、一工夫した使い方は、お湯で薄めてシャンプーの仕上げの際に使ったりすることも可能です。この時、地肌に直接つけることは避けましょう。ローズオットーは、気品に溢れたフローラルの香りで、心を静めるときにも役に立ちます。老化肌や敏感肌、乾燥肌にも効果的で、スキンケアにも使われています。抗菌作用がありますので、風邪やインフルエンザなどの予防にも最適です。免疫力を上げることができますので、体調管理を日々行うにはとてもおすすめです。疲労回復にも効果がありますので、一日の心身の疲れを癒し、免疫力をあげて、ウィルスに強い身体を作ることができます。精油をブレンドする際には、数滴を混ぜ合わせ、その都度作ることをおすすめします。マッサージオイルとして使用するときには、アーモンドオイルなどをベースに数滴たらしてマッサージオイルを作ります。香りに癒されながら身体を整える最適な方法です。


期待される美容効果とは


ダイニング01フランキンセンスは精油で「乳香」とも呼ばれます。アロマテラピーやハーブによって美容に働きかけてくれるとして女性に人気です。フランキンセンスは「若返りの精油」と呼ばれ、昔から愛された香りです。レモンに似たスパイシーな香りで不安や緊張を和らげて心を癒してくれます。細胞成長促進作用により、肌を引き締めてシミやシワ、たるみを防ぐ老化防止の効果があります。また肌の再生効果で炎症を抑えます。あかぎれの改善に期待できます。 その他に収れん作用が子宮に働きかける為、子宮の強壮に役立ちます。鎮静作用とともに出産、産後のマタニティーブルーにも効果的です。しかし、アロマは自然のもので植物だからすべて安心と過信しない事が大事です。妊娠中はデリケートな時期です。妊娠中に利用すると身体によくない作用を起こす場合があるので、アロマの特性や作用を理解したうえで使用したいものです。 使用の仕方は入浴剤、マッサージでスキンケア、ヘアケア、香浴などで楽しむ方が多いです。若返りの精油として肌に利用したい場合は、フランキンセンスの他にメリッサやローズマリー等をブレンドして洗顔後にブレンドした精油でマッサージするだけで効果が期待できます。


お肌への効能について


ソファーとテーブルフランキンセンスは、古代エジプト時代から使用されていた、と言われている歴史がある植物です。
このフランキンセンスには、不安や緊張を和らげ、気持ちを穏やかにさせる効果があると言われています。
また、咳や気管支炎など呼吸器系の症状にも良い効果があるようです。
そして、女性が注目しているフランキンセンスの効果は、お肌への効果です。
フランキンセンスには、収れん作用があると言われています。
収れん作用とは、肌を引き締める作用のことです。
そのため、使用していると、しわやたるみなどに良い効果を期待することができるようです。
また、フランキンセンスには、細胞促進作用もあります。
アロマテラピーでは、フランキンセンスは、肌を引き締め、細胞の成長を促進する効果を期待することができるので、若返りの精油とも言われているようです。
アンチエイジングが気になるという女性は、使用してみてはいかがでしょうか。
フランキンセンスは、樹脂からその香りをとっていますので、自然な樹木の香りを楽しむことができます。
スキンケアのときに使用している化粧水などに精油をたらして使用すると、その香りを楽しむことができるだけではなく、気持ちが穏やかになり、アンチエイジングにも良い効果を期待することができるようです。


身体面への効能について


ソファー昔のフランス語で「本当の薫香」の意味を持つ、フランキンセンス。
太古の昔から神聖なものとされ、聖書に中に登場する精油です。
また漢方薬にも使われることから、薬としても利用されていたようです。
アロマオイルとして素晴らしい効果がある、フランキンセンスの効能としては、粘膜にとても効果的で、呼吸や肺の働き、など呼吸器系を良くすることが知られています。
風邪の症状にも、作用し、鼻水、咳、喉などの炎症を抑える効果も期待できます。
また粘膜への効果など身体面の影響の他にも、心への鎮静作用などのリラックス効果があります。
フランキンセンスは現代人が慢性的に受けるストレスや、感情が高ぶることを抑えるなど、リラックスへと導くことができます。
またマタニティーブルーなどにも有効なため、妊婦にやさしいアロマオイルとしてオススメできます。
注意したいのは妊娠初期には使用しないようにしましょう。
またフランキンセンスは美容業界からも注目を集めています。
その理由はアンチエイジング効果で、肌の若返りが期待されています。
このようにフランキンセンスは、様々な効果を与えてくれるアロマオイルです。
いつまでも健康で、若くいたい女性には最高のパートナーとなることでしょう。


精神面への効能について


}PgžxQ瞑想の効用は数多いですが、精神面への効用をあげると強迫的な行動パターンを認識しやすくなる事、不安やストレスの軽減がまずはあがります。後は物理的な作用と被りますが慢性、急性といった痛みに対する耐性の向上などもあがります。要約して説明をするならば、瞑想をすると自分自身を扱う技能全般が底上げされるという事であります。脳内の松果体が瞑想により活性化され、様々な脳内ホルモンがバランスよく出る様になる事で心身が回復してくるという仕組などが説明されていたりする所です。ただ、幾つか注意事項もあります。あるいは気功、座禅等ともそこは被るのですが、たとえば『集中力を研磨する』『心身を休める』という様な形で最初からある程度割り切っている場合であったり、二時間も三時間もしないというのであればそんなに気にする事も無いのですが心の奥の方に瞑想は踏み入る御作法の一環であります。自覚的か無自覚的かは別にして、人によっては心の奥にあった幻覚みたいなものを見てしまって動揺したり、心霊商法の連中がそういった作用の幻覚を逆手にとって不安を煽る様な話も残念ながら相応数存在します。他にも効能に浸りすぎて日常生活に支障が出るケースなども稀にありますので。ですので知識として心身作用としてそんな事もあるみたいだなという程度の事を心の何処かに置いておく事と、訓練の果てに人知を超えた謎の何かがあるみたいな事をあまりに詠う様なお師匠さんなどは少し注意した方が良いというのは確認しておくのは忘れない方が良い点であります。


精油の主な芳香成分について


}PgžxQフランキンセンスのエッセンシャルオイルは乳香とも呼ばれています。フランキンセンスの歴史は大変古く、シヴァの女王の寓話の中や、キリスト誕生の逸話の中にも登場します。古代エジプト時代にはミルラとともにミイラ作りにも使われたという説もあります。フランキンセンスのエッセンシャルオイルの主な成分はα-ピネンとリモネンです。α-ピネンとリモネンは肌に刺激が強いので、マッサージオイルなど肌に触れる場合、使う量に気をつける必要があります。フランキンセンスは樹脂から取れるエッセンシャルオイルですが、香りに柑橘類のエッセンシャルオイルのような爽やかさがあるのは含まれる芳香物が似ているからです。フランキンセンスや柑橘類のエッセンシャルオイルは強く香りますが、香りがすぐに飛んでしまうので香水などではトップノートとして使われます。エッセンシャルオイルをブレンドして芳香浴する場合は、フランキンセンスや柑橘類のエッセンシャルオイルは多めにするとバランスが良い香りを楽しめます。逆にローズやジャスミン、パチュリーやベチバーなどの精油は比較的少量で香りが持続するので、ブレンドする場合は少量がいいです。アロマセラピーを楽しむために芳香物の特徴を知っておくと安心です。


歴史について


}PgžxQフランキンセンス(乳香)の歴史は非常に長く、古代からその木を直接火にくべて香りを立ち上らせる薫香としてもちいられていました。古代エジプト、オリエントなどでは、神殿で神に捧げる香りとして、フランキンセンスやミルラ(没薬)を焚いていました。当時は良い香りを放つものは非常に貴重で、黄金にも匹敵する価値があったと言われています。
聖書にもフランキンセンスは登場します。ベツレヘムの馬小屋で、イエス・キリストが誕生した時に、星に導かれた東方の三賢人がキリストを礼拝しにやって来ます。三賢人はキリストへの贈り物として、黄金と乳香と没薬を携えてきていました。さきほどのべたように、当時はとても貴重で価値の高いものだったからです。黄金は「偉大な商人」の象徴であり、没薬は「偉大な医者」の象徴、乳香は「偉大な預言者」を象徴していました。三賢人はどの贈り物をキリストが好むのか、試そうとしていました。イエスが実際に手にとり、気にいったのが、乳香(フランキンセンス)であったと伝えられています。イエスは偉大な預言者として、またこの世の救い主として地上に遣わされた存在なので、当然の結果であったと言えます。フランキンセンスは宗教儀式に欠かすことのできない香りとして、また非常に価値の高い商品として、長い間扱われていました。